サロン案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

salon

現在、以前までのレンタルサロンでの営業ではありません。ご予約時に場所のご相談をさせていただきたいと思います。
営業時間
平日 午前10時~午後2時より、2時間30分。
その他の時間は都合がつけばお受けいたします。
お問い合わせください。
定休日:土曜日曜は、今のところお休みとさせていただいております。ご了承ください。

営業日のご案内

ようこそ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. JK143_350A

わたしたちはすべて、過去に生き、そして現在・未来をも生きる、無限の存在です

過去をもう一度振り返り見つめ直す事で、気持ちのもやが晴れたり、わだかまりが解消する事はよくあります。
お悩みはその人により様々ですが、現在の行き詰まりやこんがらがってしまった気持ちの問題も、セラピーにより視点を変えて見ることで、解決の糸口をつかむ事ができるかもしれません。

そのお手伝いをさせていただければと思います。

(生まれ故郷のプレアデスに帰り、さらに技術をみがいてまいります。☆。.:*・゜

 

※ヒプノセラピーは休業中ですが、ブログはたまに更新いたします。 時々のぞいてみてくださいね!

 

 

三人の賢者

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イエス様がお生まれになった時、空に輝く星のしるしに気づいて、その元へ東方より三人の賢者(博士)がやって来ました。そしてそれぞれ贈り物を捧げたといいます。

 

それは、乳香、没薬、黄金でした。

 

乳香は和名で、英名はフランキンセンスというそれは、カンラン科の樹木からしみ出る樹脂が固まったもので、それを蒸留した精油での形で使われるのが、もっとも簡単で親しみやすいと思います。

 

私も持っていますが、価格も千円くらいから買えるので手軽です。お風呂に1、2滴垂らすと森林浴しているような、落ち着いた良い香りが広がります。

 

没薬は英名をミルラといって、腐敗防止作用のある、こちらも樹脂です。ミイラを作る際に用いられていたため、ミイラとはミルラから来た言葉だと言われています。

 

あとは、黄金。

 

賢者たちはどのような思い(考え)で、これらの品を贈り物にしたのでしょうか?

それにはやはり意味があるようですが・・・。

 

もうすぐクリスマス🎄

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

もうすぐクリスマスですね。

 

世界中が、イエス・キリストの生誕を祝う日です。

 

前夜祭(イブ)と、クリスマスには、どんなふうに過ごされますか?

 

おいしいケーキや、ごちそうもありですが、それだけではなく、神人(かみびと)イエスの人生そのものにも、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

 

イエス様は神人として、精神性が最高度に進化した人格でしたが、肉体的にはわたしたちと何の変わりもありませんでした。

 

痛みも悲しみも感じる我々と、何の変わりも無かったのです。

 

 

そのイエス様の生涯と、その教えを思い出す時間を、この日は特に大切にしたいと考えています。

 

 

あなたの守護神

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんばんは!

唐突ですが、「あなたの守護神はどなた様だと思いますか?」

と尋ねられたら、どんな神様のお姿が心に浮かびますか?

 

ぱっと最初に浮かんだ神様は、間違いなくあなたを守護している中でも主要な存在のお方です。

 

きょうは先ほど、そんなふうな事を考えるきっかけがありましたので、書かせて頂くことにしました。

 

 

台風一過の夜空

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

今起きてきて(なんで?)、ふと雨の音がしなくなっているのに気づいて窓を開けてみると、なんとすっかり雨が上がった空には、美しい半月が輝いていました!

 

風もわずかで、雨上がりのひんやりした、透明な大気。

目を凝らすと、いつもは見えない小さな星までが、キラキラまたたいています。

 

さっそく双眼鏡を出して、夜空や月の観察をすることに。

ドームのコンサートで使うのが適当なくらいの倍率の双眼鏡ですけれど、月のクレーターが美しく、くっきりと見えます。

 

裸眼で見ていても、ずっーと同じ場所を見ていると、目が慣れて、見える星の数が増えていきます。

普段はなかなか見えないだけで、どんな夜空にも本当は、たくさんの星々が輝いているんですね~。

 

まだ間に合えば、夜空を眺めてみてください☆*

 

 

 

『夜廻り猫』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

深谷かほるさんの短編漫画 『夜廻り猫』。

 

猫の遠藤平蔵が、片目の子猫・重郎を伴い、心で泣いている人や動物たちの元へ、涙の匂いをたどってやって来ます。

ツイッターでは、「遠藤、自分のところにも来てほしい」

といった声が寄せられているそうです。

 

この作品は、2017年度  第21回 手塚治虫文化賞・短編賞を受賞しました。

現在もツイッター上で掲載中です。