Get Adobe Flash player
スポンサーリンク
当サイトについて
このエントリーをはてなブックマークに追加


ココロ Heart ヒーリング スワミィ
所在地:神奈川県鎌倉市
プライベートサロンにつき住所詳細を非公開です。 また、お問い合わせは、メールのみです
時々、深い瞑想に入り2,3日メールの返信が遅れる場合があります。その場合は、暫く、瞑想明けまでお待ちください。 何卒、よろしくお願いします。

最近のコメント
2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク

スワミィはジタバタしないのだ❤

このエントリーをはてなブックマークに追加

スワミィだよ❤

この前の合コンの元CAちゃんからメールが来たわ❤あは。

男の子が一緒に食事に行きませんか❤だって、うほほほほほほほほほ。

別に、これは自慢しているわけじゃないのよ、うほほほほほほほほ。

行こうかなぁ~❤ 断ろうかな~❤ どっちにしようかな~❤ うほほほほほほほほ。

スワミィが地上の男の子とモゾモゾするとヤキモチしちゃう子が約1名いるから、どうしようかな~❤

今、君は、俺の事か?❤ なんて思ったでしょう。

違うよ。神様だよ❤きゃ。

ウソだよ、君だよ。

1日だけ執行猶予を君に与えよう。スワミィを止めることができるかな?うほほほほほほほ。

さてと、正気に戻って書こう。

スワミィの20代は、思い起こさなくていろいろあったなぁ・・・ちょっと遠くを眼差す・・・

チャンスもハッピーもラッキーあったけど、それ以上にピンチがあったかなぁ・・・なんて。

常に実存的悩みに囚われて、生きているという実感もなく、チャンスがあれば死ぬことぐらいしか考えていなかった。無駄に凄いなぁ。

それをどうやって克服したのかを、スワミィの世界で小出しに紹介している。そろばんずくで。えへ

ただ、あんまり自分の経験だけで、人にあーしろ、こーしろとは云いたくないだよね。

一応、スワミィは、”経験に頼らない”ことをポリシーにしている。

経験は、個人的なものだから、普遍性がない。

普遍性のないテーゼを前提にして、人様に何かを語りかけるなんて、身の程知らずだよね。

しかも、スワミィは、誇れるような経験もあまりない。ブヒ。でも、失敗談は、捨てるほどあるわ❤

そういうわけで、スワミィの世界は、宗教、哲学、科学をベースに、それにスワミィの経験の調味料を”愛情”入りで加えて紹介している。

スワミィは、元々哲学少女だったの❤

哲学の普遍的な真理が、スワミィを再生するものだと思っていたのね。健気で可愛い女の子だわ❤今でもよ。

高校生ぐらいから本当に分かって読んでいたのか、今でも疑問に思うような哲学の本ばっかり読んでいた。

いろいろ読んで勉強したけど、最終的には、キルケゴール、ニーチェあたりで絶望した。

ニーチェ君の思想なんて、スワミィは、7割、8割ぐらいは、OKなんだけど・・・

大衆は、笑うべきサルだ・・・OKよ。それでいいよ。でも、スワミィは、キティちゃんよ❤

神は死んだ・・・そうなんだ・・・病死?事故死?

人間は、宇宙の中で孤独に生きなければならない・・・そうだね。スワミィもそうだよ。誰でもそうだよ。

神なき世界で、絶えず強力になろうとする権力への意思に満ちて生きるのが超人・・・・超人?はぁ?

超人って誰?そんな人いるの?スーパーマン?

そういうニーチェ君は、超人なの? えらい悲惨な晩年だけど、アタマ大丈夫?

スワミィは、ここで躓いた。

これはだめだぁ、人生は、無意味だ。生きるに値しない。

そんな“死に至る病”状態のスワミィが次に食いついたのが宗教。神様よ❤

この出会いが大きかった。本当に大きい。

今にして思えば、先に神様に出会ってから、哲学を勉強すれば良かったと思う。

また、そうやって宗教に食いつくということは、それだけ、その時のスワミィは、”生”に執着して生きていたんだなぁ・・・って思う。

もっとも、虚無的に生きていたスワミィに、宗教、神様を意識させた出会いは、ユダヤ教の聖書の「コヘレトの言葉」を読んだ時なの。

「コヘレトの言葉・・・抜粋」

なんという空しさ、なんという空しさ、全ては空しい。
太陽の下、人は苦労するが、全ての苦労も何になるだろう。
何もかも、もの憂い。
語り尽くすこともできず、目に見飽きることもなく、
耳は聞いても満たされない。
嘗てあったことは、これかもあり、
嘗て起こったことは、これからも起こる。
太陽の下、新しいものは何一つ無い。
私の心は、知恵と知識を深く見極めたが、
熱心に求めて知ったことは、結局、
知恵も知識も狂気であり、愚かであるに過ぎないということだ。
これも風を追うようなことだと悟った。
知恵が深まれば悩みも深まり、
知識が増せば、痛みも増す。
わたしはこう呟いた。
「快楽を追ってみよう、快楽に浸ってみよう」
見よ、それすらも空しい。

スワミィは、これを読んで完全に目が覚めたわけじゃないんだけど、えへ。

正直、びっくりした。

これが書かれたのは、今から2000年以上前なんだけど、その時のスワミィと全く同じじゃないかって。

最後の”快楽に浸っても空しい”なんて、2000年前にもスワミィがいたのか?本当にびっくりしたよ。

昔の人も、スワミィと同じ悩みを抱いていると思ったら、猛烈に虚脱した。

進歩が足りないわよ、2000年は遅れているよ、スワミィってね。

言いかえれば、実存的な人の悩みの本質は、時代を経ても変わらないということね。

2000年前のユダヤ人はそのことに気づいていた。お釈迦さまも同じよ。

「コヘレトの言葉」は、聖書の一節なので、最終的には、神に従う生き方をしなさいという教訓に収斂する。

スワミィは、全くその通りだと思うけど、信仰は、人それぞれの自由意思だから、お勧めはするけど、強制はしない。

宗教や神様は、ちょっと無理。という人には、道徳的に生きるべきかなぁ、、、なんて思うの。

というか、スワミィは、まず、これを実践した。

さすがにスワミィ様でも、これを読んだからっていきなり宗教にどっぷりという訳ではなく、

仏教にもちょっかいを出し、それが浮気から本気になったり、いろいろ紆余曲折があったんだけど、

最初に自分で実践したのは、道徳的に生きる生き方を自分に与えたの。

書くと、本当につまらないことよ。

”ありがとう”とか”あはよう”とか”すみません”とか些細なことから初めて、

規則正しい生活、食事の内容や人との接し方、話し方とか、徐々にハードルをあげて、

人が見ている、見ていないに関係なく、褒められても、褒めらなくても、人として正しい行いをする。

かなりの禁欲的な生活。

スワミィが行うことに対して、誰からも何の見返りも求めない。お金も、感謝もいらない。

逆に欲しいものがあるのなら、何でも持って行っていいよ、スワミィは何もいらないわ。

そのお陰で、スッカラカンになったわ❤

全てに何も無くなると、失くす心配も無くて、妙に居心地が良かったりする・・・これは、ちょっと勘違い。

道徳的に正しい生き方は、人から批判される余地が少ないから、かなり自分に自信を持って生きられるようになった。

道徳的に正しいことをやって、褒められることはあっても、貶されることって普通ないじゃない。

こういう境地になった時、初めて、”他力本願”を実践しようと思ったの。

経済的にも精神的にも、どんなピンチな状態、最悪な事態でも、スワミィは、頑として何もしないって決めたの❤

最悪なら最悪のまま受け入れて、じっとする。ジタバタしないの❤

それで、ダメなならダメなんだから、諦めるしかないじゃない。死ねというのなら、死ぬしかないじゃない。

するとね、不思議。そういう時に必ず、誰かが助けに来てくれるの❤あは。

たまに神様だったりするけど、殆ど、友達ね❤

神様からは、とんでもないご褒美、友達からは、元気~大丈夫?とか、お仕事貰ったりとか。

それから、いろんなことが上手く回り始めたの。

今まで何をやっても壁にぶつかっていたのが、次々、面白いように開けていくの。

恐らく道徳的な生き方だけでは、徒労に終わったかもしれない。

最後の”他力本願”が、スワミィの生き方を決定的に変えたのよ。

信仰がスワミィを勇気づけてくれた。何もなくても、神様がいる。

この揺るがない気持ちがあったから、最悪の状態でも、スワミィは、自分を信じて、保つことが出来た。

だって、神様は、信じる限り、そこにいるんだもん❤孤独じゃないよね。

それ以降、いろいろと困難な事態でも、雨が降ったら雨宿りして、晴れるまで待つの。

コンビニ寄って、ビニール傘買ってまで、動こうとはしない。

何もしない。ジタバタしない。作為的なことは一切やらない。すべて身を委ねちゃう。神様に❤

こういう生き方を人に勧めることはちょっとできなかな。。たまたま、スワミィが上手くハマっただけかもしれないから。

ただ、信仰はともかく、道徳的に生きる。倫理的に生きるということだけは、お勧めするわ。

キレイごと過ぎるかもしれないけど、せめて人のココロぐらいは、キレイごとじゃないとね。

偽善者と言われても、善き者にならなくては、人生は、それこそ生きるに値しないわ。

これが、スワミィの結論よ。

スワミィより❤

 1280158537

きゃー、お食事に何着て行こうかしら❤

ミニは、ちょっとアレかなぁ・・・

何気に、行く気満々のスワミィ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*