Get Adobe Flash player
スポンサーリンク
当サイトについて
このエントリーをはてなブックマークに追加


ココロ Heart ヒーリング スワミィ
所在地:神奈川県鎌倉市
プライベートサロンにつき住所詳細を非公開です。 また、お問い合わせは、メールのみです
時々、深い瞑想に入り2,3日メールの返信が遅れる場合があります。その場合は、暫く、瞑想明けまでお待ちください。 何卒、よろしくお願いします。

最近のコメント
2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
スポンサーリンク

スワミィからマリリンへ❤

このエントリーをはてなブックマークに追加

スワミィだよ❤

ブヒブヒ、今日もお掃除

ブヒブヒ、今日もパパンはお仕事

ブヒブヒ、ジイジは、遊びに行っちゃった

ブヒブヒ、スワミィは一人ぼっち

ブヒブヒ、床拭き

スワミィが、一所懸命磨いたを床を、ワンちゃんたちがペタペタ歩いて足跡を付ける。

君たち、お掃除が終わったら、全員ホットドッグにするね❤

ふぅーーーもう直ぐよ~あとスワミィのお部屋を奇麗にしたら完璧よ~気持ちよく新年を迎えられるわ~

さて、何を書こうかしら・・・

最近、スワミィ家のゆるゆるネタばかりで、これでは、美人心理カウンセラー・スワミィのイメージが単なる老人虐待者になってしまう。

それはそれでいいの。

ジイジを虐めるのは、スワミィのストレス解消法だし、ジイジもスワミィ構って貰えるから本当は嬉しいの。

ね?ジイジ?・・・・そっか、いないか。

帰ってきたら、また、いじめるわ❤生理でイライラしているからよ~

ジイジもいない、大掃除も一段落付いたから、

今日は、久々に、美人心理カウンセラー、かつ、美人社会学者のスワミィ先生の素顔に戻るわ❤

きゃーーーマリリン~

スワミィも2日間、大掃除をして、分かったわ。

仕事って大変、疲れる、面倒くさいわ❤

みんなは、学生時代に、”生きる意味”とか”人生の目的”とか、考えたことある??

普通、そんなこと考えて学生時代を過ごす人って少ないと思う。

スワミィもね、ふーん、そうね、考えたことないかなぁ

自分で生きているというよりは、生かされている。親のスネかじってね。

社会人になると、そういうこと考え始める人がいるでしょ?

働き始めると、自分の力で生きている実感が生まれるから、そこから、生きる意味とか目的とか考え始めちゃう。

でも、そういうこと全く考えない人もいる。こういう人も結構、普通に多いと思う。

スワミィ、素直に考えると、普通、逆な気がしちゃうのね。

自力で生きていない学生時代の方が、形而上的に”生きる”ことに考えて、

働き始めると、生きている実感が、形而上的人生の目的、意味を凌駕するような気がするんだけど、実際は、逆よね。

何でかね?

ちょっと不思議な感じがするけど、ま、いいわ、結論は急がない。

普通、働き始めると、いろいろ経験するから、上手くいって褒めらることもあれば、失敗して怒られることもある。

仕事で躓くと、それが何度か続くと、”わたしってば、何のために働いているの?”って思い始める人が現れるわね。

この程度のことは、社会人になれば、誰でも一回ぐらいは考える。

スワミィも、大掃除中にそればっか考えていたわ❤

それで、殆どの人は、

働く理由 = 生きるため

普通、それで納得して終わりね、また、普通に仕事に戻り、あまり深くは考えない。忘れちゃうね。

いや、私は、世界の平和の為に働いている!、という人もいるけど、少数だよね。しかも、ボランティアじゃない。ちゃんとお給料貰っている。

普通、働く理由、動機=生きるため、で済んじゃうところを、さらに踏み込んで、思考を暴走させる人もいる。

”働く意味” → ”生きるため” → ”生きる意味って何?” → ”どうせ死ぬんだから、意味はない” → ”生きていてもしょうがない” → ”働きたくない”

こういうロジックを辿る人、結構、いるんじゃないかい?

特にニートちゃんとか、そうじゃない?

最初の躓きから、思考を一巡させて、最初の原点を否定する思考方式

スワミィ、これを治す方法は、知らないわ❤治らないかもしれない。

治っても、治らなくても、スワミィは、困らないけど、でもね、今回のスワミィ先生は、一味違うわよ❤

例え間違っていても、強引に、スワミィワールドに引き込んで、寝技に持っていくわ❤

スワミィね、最初の”働く意味”についての意味付け、

働く意味・理由 = 生きるため

もし、この関係が正しいのなら、働く理由や生きる意味について悩む人はいないんじゃないかなぁと思うのよ。

だって、この式の正しいのなら、石器時代や縄文時代、江戸時代の人達、

ヨーロッパなら、古代、中世の人たちも、働く意味や生きる理由について悩んでいたことになる。

今も石器時代と同じような暮らしをしているアマゾンの先住民族も働く理由や生きる意味について考えていることになる。

資料は少ないし、況してや文字の無かった時代に、本当に考えていなかったのか、断定はできないけど、

アマゾンの先住民族が、狩りに失敗して、”俺ってダメな男だぁ、生きていてもしょうがない・・・死んじゃおうかな・・・”

なーーんてこと、思って生きていることを、スワミィは想像できないし、レヴィ・ストロース君も書いていない。

江戸時代の大工さんが、釘を打つのを間違えて、自分の指を叩いて、

”俺って、大工向いてないかなぁ。。。死んじゃおうかな・・・”、なんて話、落語の題材でも聞いたことがない。

一体、いつから、どこで、働く意味 ≒ 生きる意味 近似値(≒)が、イコール(=)に変わったんだろうか?

つまり、”生きる意味”とか”働く理由”とか、全く考えていないかったわけではないけど、

さして重要な要素ではない時代から、働く意味づけ無しには、生きられない時代へのジャンプが、どうのようにして起こったのか?

スワミィね、この答え知ってるの❤

それはね、ある歴史的事件をきっかけに、そういう考え方が生まれたのよ~

今から約100年前、ドイツ人のマックス・ヴェーバーさんが「「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」中で説明しているの。

普段、何気に使っている、”天職”や”勤勉”や“倹約”や”職業意識”など、

人間が、社会的営みの中で自然に獲得した、普遍的、かつ、歴史的な道徳的価値観だと思っている人は、この本を読むとビックリするわよ。

これらは、みんな、キリスト教の宗教改革で生まれた概念、価値観なの。

マルチン・ルターやカルヴァンよ~世界史でお勉強したでしょ~

昔からあるわけはなく、況してや、日本人からすれば、全くの輸入品なの。元々無い考え方なのね。

明治維新の時、様々な欧米の先進文化を取り入れる時に、一緒に入ってきた価値観なの。

江戸時代の人に、そういう価値観が無かったのか?

うーーん、仮にあったとしても、それは、今、私たちが使っているそれとは、違う意味だと思う。

そもそも、日本もそうだけど、近代以前の社会は、

大工さんの家に生まれた人は大工さんに、農家に生まれたら農家になるように、

”職業カースト”が一般的だから、働く意味づけ、動機づけって、困難だったと思う。

選択の余地がないから、”職人”意識はあっても、職業意識は乏しい。

※最近、見つけた著述で、禅僧の鈴木正三(1578年―1655年)という方の著作「万民徳用」の中に、士農工商それぞれの身分に応じた職務に励むことが、仏道の修行であると説いたそうよ。浄土というのはどこか遠い別の場所にあるのではなく、敬虔な態度で日常生活を励めば、清らかなココロの中に実現されるものであり(唯心の浄土)、その時、自分自身が阿弥陀如来そのものになって生かされる(己身の弥陀)と説いている。同じく禅僧の至道無難(1603年―1676年)さんも同様なことを言っているそうなの。この考え方は、極めてプロテスタント・カルヴァン派に近く、江戸時代の日本の商業文化は、同時代のヨーロッパや中国より進んでいて、商品先物取引なんて日本が米相場が最初らしい…、その意識の根底に仏教的禁欲主義があったとすれば、明治以降、アジア諸国に先駆けて欧米型近代社会を築くことができたのは、その萌芽が江戸時代、既に存在していたからかもしれない(2013年3月4日追記)

まぁ、 詳しくは、この本を読むとよく分かるけど、ざっくりと、この本を要約すると、働く意味、動機は、以下の関係に表されるの。

”働く意味” → ”宗教的目標の達成” → ”生きる意味”

びっくりした?

そんなバカな?って思うでしょ。でもね、これは事実なのよ。

そもそも私たちが何の疑いも持たず、無謬的に暮らす資本主義社会は、

キリスト教プロテスタンティズムの宗教的目標の達成のために作られた社会だと思っていいわ。

尤も、日本は、キリスト教国でもなく、プロテスタントとカトリックの違いも覚束ない人が大半だから、

資本主義の精神は輸入されず、そのシステム、構造だけ輸入したの。

精神、倫理観は取り去られて、その機能、構造だけを取り入れた社会がどういうことになるのか?

マックス君のこの本が、社会科学の歴史的名著であるだけなく、100年たっても色あせないのは、

この本にその答え、予見が書かれているからなのよ。

ちょっとその部分を紹介するね。

「営利のもっとも自由なアメリカ合衆国では、営業活動は、宗教的・倫理的な意味を取り去られていて、今では純粋な競争の感情に結びつく傾向があり、その結果、スポーツの性格をおびることさえ稀ではない。・・・(省略)」

「精神のない専門人、心情のない享楽人、この無のものは、人間性のかつて達したことのない段階にまで、すでに登りつめた、と自惚れるだろう」

ゲームのようにお金を取引して莫大な利益を得る人、

自分は、何でもできる王様のように振る舞い、人をボロ雑巾のようにコキ使う人。

出世のため、他人を蹴落とし、地位や名誉を獲得する人。

マックス君の本を読むと、宗教的目的を失って、ただ、営利だけを目的とした時から、人の精神の荒廃が始まったんだと思うわ。

それでも、欧米人は、例え営利だけの目的に変化したとしても、

キリスト教の精神、倫理観を文化として継承しているから、救いの余地はまだあるけど、さて、日本人はどうかしら?

日本人は、近代化、現代に通じる欧米型近代社会を作る上で、

江戸時代の職業カースト(士農工商)を解体して、新たに労働者という階級を急速に作る必要があったの。

欧米社会が、宗教改革以降、緩やかに、数百年かけて、着実に、中産市民階級を育てて、労働者に作り替えていった作業を

急激に、一気に、数10年で、作り替える必要があったの。

まぁ、これは仕方がないのかな・・・その当時の日本は、それをするしかなかったから。

もし、それをやらなかったら、きっと植民地になって、今の東南アジア諸国と変わらない国になっていたかもしれな。(スワミィは、それでもいいと思うけどね❤)

宗教的精神は、取り入れられず、資本主義のシステムだけを取り入れた日本では、働く意味づけ、労働者の位置づけに、

働く意味 = 生きるため

という式に無理やり人を押し込めるしか、人を労働者に変える方法が無かったのね。

深く考えるな、国ため、家族のため、生きるために、一所懸命働け!ってことね。

倫理とか精神を抜きにして、人を労働者の鋳型に嵌めこむことが

日本の近代化の成果であったことに、働くことへの苦痛感、悩みの原点があると、スワミィは思うの。

しかも、これは私たちが自然に選択してことではないわ。

国家的事業として、社会的要請として、私たちは、半ば強制的に、労働者の鋳型に嵌めこまれている。

でも、そうすると、日本人の殆どが、働く意味や動機づけに悩み、苦しんでいるか、というとそうでもない。

やっぱり個人差は、あるよね。

その鋳型にがっちりハマった人は、自分が鋳型の労働者であることに全く気付かない。

殆どは、そういう人なの。気づいていない。

また、そういう気づいていない人たちが、経営者にとっては、とても都合のいい労働者なの。

文句も言わず、疑問は挟まず、一所懸命、会社の為に働く労働者。

スワミィが経営者なら、断然、こういう人を採用するわ❤しかも、お給料は、少ししか上げないの❤うふ

では、そういう人は、幸せか?

ちょっと答えに苦しむけど、そういう人がいないと、今の社会は成り立たないことも確かね。絶対に、必要な人達。

一方で、その鋳型が、どうも自分には合わないと、気づく人もいる

そういう人は、そこから、”働く意味”、”生きる理由”・・・といろいろ考えを巡らせ始める。

居心地の悪さを感じながらも、現実と折り合いをつけて、生きる人もいる。大抵は、このタイプね。

そのうち、もう無理だーーー!ってドロップアウトしちゃう人もいる。

ニート君タイプね。

裏社会に進む人もいるね。

スワミィね、そういう人達は、自分に合わない労働者の鋳型を取っ払って、

その代わりに、自分に合った鋳型を自分で作って、自分に嵌め込めばいいじゃんって思うの。

具体的には、その鋳型は、倫理であり、道徳に基づく生きる規範よ。

資本主義社会に生きて、それに基づく会社の中でしか生きられないのなら、やっぱり原点復帰するしかないじゃない。

でも、日本人にいきなりキリスト教徒になれなんて、さすがにスワミィ様でも云わないわ。

何でもいいの、君が信じる宗教でも、宗教が嫌なら、哲学でもいいわ。

宗教や哲学に基づく倫理観、道徳観。

働く意味 = (倫理・道徳的目的の達成) = 生きる理由

”働く・・”と”生きる・・”の間に、強引に何かを挟み込むの❤

生きることを目的に直結させるから、虚無的な思考の暴走に繋がるのよ。

そこに、倫理や道徳的目的の達成を間に挟んだら、これは、容易には達成できないわ。

それこそ一生を通じて求める究極の目標ね。達成したと思った頃には、寿命が来る、

そんな目標を、間に挟むことが、働くこと、生きることの虚無感から脱する唯一の方法だと思うの。

例えば、世の為、人の為に役立つ仕事とか、

地球の平和の為の仕事とか、

直接、利益に通じる仕事ではないかもしれないけど、人の役に立つ仕事は幾らだってあるわ。

人の倫理観、道徳観を満足させる仕事は、幾らでもあるわ。

無ければ、自分で作るの❤

また、日本に留まる必要もないと思う。世界に飛び出してもいいわ。

自分に合わない労働者の鋳型を取っ払うと、いろんな可能性を試すことができるわ。

そのうち、自分にピタってハマる鋳型が何か分かるの。、

人生について、深い考察を必要としない人は、そうね、文化的に生きているのかな。

普遍性がないの。

文化は、時代とともに変わっていく、消えて行く場合もある。

だからそういう人は、ある日突然、リストラなんかされちゃうと、びっくり仰天、途方に暮れちゃう。

時代が変わり、自分が無矛盾的に信じた文化や伝統が、消え去ったことに、リストラされて、初めて気づくの。

こういう人の再起は、中高年だと、文化的思考が骨身に染み込んでいるから、非常に難しい。

発想の転換ができない。

一方で、人生の意味について、気づいちゃった人、そういう人生を踏み出しちゃった人は、

宗教的に生きるか、哲学的に生きるか、

どちらからに基づく、倫理観、道徳観に基づく、生きる規範を自分の鋳型に嵌めこんだ人は、普遍的よ。

例え、時代が変化しても、これらは、容易に変わらないから、本当に強い人なの。

文化的でもなく、宗教的でもなく、哲学的でもなく、なんの規範を持たない人、持ちたくない人は、

残念だけど、ニートしかないかな。。。長続きしないけどね。

ちょっと強引な結論だけど、これは寝技だから、ちょっと強引なくらいの方がキモチイイの❤

もう、スワミィ書くのに疲れたから、後は、自分たちで考えてね❤

というか、生理で集中できないのと、スワミィは、新しい、名前を思い付いちゃったの❤

”スワミィ”に拘り過ぎたのが、イクないね、”みどりん”は、どう?

”みどりん”よ、みどりん❤

これなら、スワミィの本名のみどりと大好きな”りん”が一緒になるわ❤

完璧じゃない。どうしてこんな素敵な名前に最初から思いつかなかったのだろう。。。

今回、この文章を書いている時に、このアイデアが浮かんじゃったから、途中、書くことに集中できなかったわ❤

早速、第二回有識者会議を開かなくて・・・みどりん❤

スワミィだよ❤

058

きゃはははははは、ジイジだよ、これ、ジイジ❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*