当サイトは、WEB標準で構築されていますので、サイト構造に関してはSEO対策済みです。個別のユーザサイトの個別記事にそれぞれにSEO対策を行うと、さらにSEO効果が高まります。

その個別ページにSEO対策を施すプラグインについて説明します。

いつもどおりプラグイン一覧から”All in One SEO Pack“を有効化します。

すると画面上に真っ赤の毒々しいメッセージが表示され、ビックリするかと思いますが、これは管理画面で初期設定してくださいという、ただそれだけのメッセージで、また、その下にたまに、”有効化に失敗した”かのようなメッセージが表示される場合もありますが、無視しても構いません。念のため、一旦、All in One SEO Packのプラグインを停止して、再度、有効化すると、そのメッセージは出なくなります。

プラグインが有効化されると、管理画面右側メニューバーの「設定」項目に「SEO設定」のメニューが表示されます。
SEO設定画面には、たくさんの設定項目がありますが、基本的にここだけ抑えておけばOKという所だけ説明します。
まず、設定画面上部にいろいろと寄付の要請や広告バナーが表示されますが、無視してください。(寄付しても、勿論OKです。)

プラグインのステータスをEnabled にして保存すると、上部の赤いメッセージが消えます。
サイトのタイトルは、特に設定してもしなくても問題ありません。設定なしの場合、通常のサイト

ディスクリプションは、とても重要です。ここに記述した文章が、Yahoo、Googleの検索結果に表示されるサイトの要約文(スニペット)に表示されます。
文章の長さは、全角60文字程度(半角英数字だけなら160文字以内…と言っても日本語のサイトで、ディスクリプション全文が英語なんて意味がないので、全文が日本語として60文字前後と思って差し支えありません)に収めてください。それ以上記述しては、検索エンジン側でカットして表示されます。
サロンの所在地、お勧めニュー、コンセプトなどのキーワードが含まれる文章が望ましいでしょう。

キーワードは、現在、YahooもGoogleもこの部分を参照していないので、設定しても、しなくてもSEO効果に影響はありません。お好みで設定してください。

URLの正規化は、とりあえずチェックしておいてください。
タイトルをSEO設定で書きかえるにチェックすると、その下に、投稿ページや、固定ページ、アーカイブページのタイトル書式設定が列挙されていますが、その書式を適用してタイトル表示を自動生成するということです。
これもチェックしておいて損はありません。

と、ここまでが、全体のSEO設定の重要項目です。これ以外もたくさん設定項目がありますが、とりあえず無視しても問題ありません。

SEO対策は、投稿ページ、固定ページそれぞれ個別に設定することも可能です。

ここでも重要項目は、ディスクリプションです。ページ毎に、ページ内容に関連する文章を記述するとSEO効果が高まります。