Get Adobe Flash player
スポンサーリンク
サロン案内
タイ古式マッサージ・ナムワーン
所在地:東京都大田区蒲田1丁目
TEL:03-1234-5678
営業時間:10時~2時(最終受付0時)
深夜は大変込み合っております。
事前にご予約されますと確実です。

タウ(オ)ライ(เท่าใด)

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、必要ない時に断る必殺タイ語フレーズのマイアオ(ไม่เอา)を紹介しましたが、タウライは、その逆で、必要な時に、値段を聞くタイ語です。英語のHow Muchと同意です。

カタカナで書くと、タウライの”ウ”は、”ウ”と”オ”の中間のような音になります。勢いをつけて、普通にカタカナ表記どおり”タウライ”と発声しても通じます。

これが何故必殺フレーズかと云うと、観光地などで手ぐすね引いているボッタクリ・トゥクトゥク・ドライバーやお土産屋のオバサンもこの”タウライ”と聞かれた瞬間、それまで、幾ら観光客からふんだくってやろうか、やる気満々の気持ちも失せて、つい、定価(タイ人価格)を言ってしまうほどの必殺フレーズです。

これが英語で”ハウ・マッチ”と云ったなら、それ待っていましたとばかり、100バーツ、200バーツは吹っかけてきます。

さて、”タウライ”と問いかけた後は、相手が値段を提示したら、価格交渉ですが、値切り過ぎにはご注意。
相場を知って交渉するなら兎も角、知らずに法外な値切り方をすると相手に失礼です。
観光客相手の商売でも、原価ギリギリ営業している方が殆どです。相手の言いなりに払う必要はありませんが、”ちょっと高いかなぁ”的ニュアンスを相手に伝えると、大抵は、いい感じの値段を提示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今月のキャンペーン
キャンペーン

初回来店者に限り、タイ古式マッサージ90分以上のコースを10%OFF

広告