Get Adobe Flash player
スポンサーリンク
サロン案内
タイ古式マッサージ・ナムワーン
所在地:東京都大田区蒲田1丁目
TEL:03-1234-5678
営業時間:10時~2時(最終受付0時)
深夜は大変込み合っております。
事前にご予約されますと確実です。

ポ(ボ)ーディ(พอดี)

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ古式マッサージを受ける際に、是非、知っておいていいタイ語が二つあります。

一つは、ジェッ(プ)(เจ็บ)で、”痛い”の意味です。最後の”プ”は、発音するかしないかくらいの微妙な音になります。

マッサージが強すぎる場合、”ジェッ(プ)、ジェッ(プ)”と声を出すと、大抵、”オー!ソーリー、ソーリー”と云って、マッサージ圧を弱くしてくれます。

タイ古式マッサージは、基本は強押しなので、何も注文を付けないと、翌日、揉み返しが来るほど力強いマッサージになります。

我慢して受け続けても構いませんが、体調に合わせて、強さ加減を相手に伝えた方が、後々の気持ちよさが違います。

反対に、マッサージが丁度いい感じで、心地いい場合は、ポ(ボ)ーディ(พอดี)と伝えるとセラピストも喜びます。

”ポ(ボ)ーディ、ポ(ボ)ーディ”と二回続けて言うと、”凄くいい感じ”的なニュアンスで伝わります。

発音は、”ポ(po)ー”と”ボ(bo)ー”の中間のような音の後に、ディ(意味は、”良い”)を付けます。

この言葉は、別にタイマッサージに限らず、日常的に良くつかわれる言葉です。

例えば、食事をしていて、”もっと食べる?”と進められて時に、”イムレーオ(お腹いっぱい)”もOKですが、この”ポーディ”もよく使われます。

他、洋服の試着でサイズ合わせとか、何か加減を聞かれた時、丁度いい、いい感じであることを相手に伝える場合、この”ボーディ”を言うと、相手も、”了解”って、納得します。

かなり上級者向きのタイ語ですが、知っていて損はない便利なタイ語です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今月のキャンペーン
キャンペーン

初回来店者に限り、タイ古式マッサージ90分以上のコースを10%OFF

広告